アンダーヘアが濃いコンプレックスから恋愛に憶病になりました。

 

元々毛深い体質なのですが、アンダーヘアが濃いことが長年の悩みで、特に十代の頃は深刻に悩み、恋愛することに極端に臆病になっていました。濃いだけならまだしも面積も広く、おまけに剛毛…。若い女の子なら誰だって悩むと思います。

 

とにかく人に知られることが恐怖だったんです。水着は毛がはみ出る恐れがあるのでNG。他人とお風呂に入る機会は出来るだけ避ける。こういうシチュエーションって、彼氏が出来たら普通に考えられますよね?彼氏にアンダーヘアの濃さを指摘されたらどうしようと思うと、いつもそこでストッパーが働き、気になる男性が出来ても無理やり気持ちを抑えることしかできませんでした。

 

自己処理はしていたのですが、それでも深い付き合いになればいつかは毛深いことがばれるだろうし、最悪嫌われてしまうかもしれない、笑われて馬鹿にされるかもしれない。そんな人ばかりではないとわかってはいるけれど、怖くて先に進めない。そんなアンダーヘアの濃さの悩みを抱えて、ずっと恋人いない歴が続きました。

毛濃い2
一度好きな人といい雰囲気になった時、とっさにアンダーヘアを処理していなかったことを思い出し、慌ててその場をごまかした経験があります。当然の如くその彼とは付き合うことなく別れてしまったのですが、毛が濃いコンプレックスがなかったらもっと積極的になれて、別の結果になっていたかもしれないなと今でも時々思うことがあります。

 

アンダーヘアの処理って、腕や足の処理に比べてデリケートな部分という事もあり難しいんですよね。また他の部位ならばさほど恥ずかしさを感じることはないのですが、アンダーヘアの濃さは羞恥心の塊みたいな感じがして、脱毛サロンに行くことも気兼ねしてしまうんです。結局脱毛するときに人に見られるわけだから、それが嫌で行きたい気持ちはあるけど行けないっていうジレンマにこれまた悩まされるんです。濃いアンダーヘアは人を臆病にさせてしまうものだとつくづく思います。

 

背中の毛が濃くてなかなか人前に出る事が出来ない

 

現在33歳で会社員をしております。
誰にでも自分自身についての悩みをもっているかと思われますが、男性である私は背中の毛が濃くて困っています。
そんな背中の毛が濃い事が大きな悩みとなっている事について掲載していきます。
毛濃い3
小学校の高学年前までくらいはそんなに濃いとは感じていなかったのですが、プールの授業中に友達に言われた事で気になり出しました。
「なんか背中の毛濃くない?」と言われたのです。

自分自身では背中なんて確認する事も気に掛ける事も無い場所となっているので、指摘されるまで気が付きませんでした。
しかし友達からの指摘で気になり出し、帰宅後母親に背中をそってもらったのです。

しばらくはその状態が続いたのですが、時と共にすぐに生えてきたのです。
その生える度に母親から剃ってもらいました。

 

思春期を迎えた高校生くらいになるとさらに濃くなっていきました。
体育の着替えの際にはやはり友達からイジられる対象となっていました。
男子間だけで済めば良いのですが、女子にも知れ渡ってしまうとさすがに恥ずかしさを感じていました。
その為週2回は母親から剃ってもらっていました。男性、髭の悩み

 

高校を卒業し、親元から離れ就職すると困るのが背中の毛を剃ってもらえる人が居ない事です。
社会人になり女友達も増えると、海やプールに行く機会も増えてきてしまいます。
そんな時には上半身を隠すように黒いシャツを着てなるべく露出しない様に気を付けていました。

 

メンズエステや脱毛サロンに通い除毛すれば良いのですが、施術代がかかってしまう為行く事を避けていました。
実家の親から仕送りして貰っている以上、毛の処理に金銭を費やす事は出来ませんでした。
またサロンの人に濃い毛を観られてしまうのに恥ずかしもあり、通う事が出来ないでおります。
現在、ようやく彼女が出来この背中の毛の事も理解して貰い処理を手伝ってくれています。
やはり彼女と海やプールを楽しみたいので、いずれは除毛の施術を受けたいです。